2007年12月26日

六本木三丁目の再開発

roppongi071226_3.jpg

再開発ビルは、共同住宅となる高層棟と商業施設、事務所が入る低層棟で構成。合計延べ面積は6万2500平方b。高層棟は、地下2階地上39階で低層階が賃貸住宅、上層階が賃貸住宅となる。低層棟は斜面地に面して建設する構造で、六本木通りに面する部分は物販店舗となる。地下部分は約300台の駐車場となる。
 道路は、一部で新設するほか、敷地周囲にセットバックして幅員6b(現状3b)の道路、幅員4bの歩道状空地を設ける。広場は敷地南側の約580平方bに設置する。組合設立後に実施設計を行い、19年度の工事着手、21年度の完成を見込んでいる。

roppongi071226_1.jpg

地権者はUR都市機構他で事業協力者には三井不動産グループなのでオシャレなものに仕上がるのでは?


場所はコチラ


posted by 佃の旦那 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 六本木三丁目39番再開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。